つくば木場公園クリニック

「一緒に挑む」
新しい命の誕生は、かけがえのない"ふたり"の願い
私たちはふたりに寄り添い、努力し続けることをお約束します。

お申込み
受付中!

不妊治療セミナー

つくば10月19日(土) 18:30〜20:00

News & Topic

インスタグラム開設致しました。

つくば木場公園クリニック公式インスタグラム

つくば木場公園クリニック公式インスタグラム

つくば木場公園クリニックの最高顧問の吉田淳です。
インスタで、ストーリーも含めてこれからドシドシ情報を発信していきますので、
インスタでのフォローを是非よろしくお願い致します。
今年の6月からつくば市役所の近くのビルの5階で吉岡院長のもと、診療を開始しました。
現在は、外来診察のみで、採卵と胚移植は、東京の木場公園クリニックで行なっています。
不妊治療は、患者様のご希望があれば、ASAP(as soon as possible)だと思います。
是非、建物の完成を待たないで、即、相談にいらしてください。
学会や研究会がなければ、月曜日、水曜日、金曜日の午後は私吉田淳も外来診療を担当しています。
11月中には建築中の建物が完成予定です。
外来診療は12月からつくば市松野木の建物で開始、来年の1月からは採卵を開始予定です。
この建物のことを、ART RESORTと命名しました。
少しでも「癒しの空間」になればとの想いからです。
駐車場の入り口から、一人目不妊治療の患者様と二人目不妊治療の患者様をセパレートしています。
よろしくお願い申し上げます。


最高顧問 吉田 淳

セミナーのお知らせ

不妊治療セミナー

“不妊症はカップルの問題”
日本には数少ない男女両方の不妊治療を行っている
木場公園クリニック 理事長 吉田 淳の講演を聞きにきませんか?

セミナー予約 ※お申込みは仮登録後、ご予約ください。

ごあいさつ

都内で開業20年、培った不妊治療の最先端技術をもって、
「つくば木場公園クリニック」を開院いたします。


女性・男性不妊症の両方を一人の医師が診察・治療できる施設として、
1999年に木場公園クリニック開院し、このたび研究の街つくば市にも
クリニックを開院する運びとなりました。


新しい命に出会うまで道程は時として長く厳しいものになりますが、
我々は常に受診されるお一人おひとりに寄り添い、
一緒に努力し続けたいと考えております。
吉田 淳

木場公園クリニック理事長の吉田先生から“世界最高レベルの不妊施設をつくばに一緒に作ろう”という言葉に感銘を受け、つくば木場公園クリニック院長を拝命いたしました吉岡です。


私には生殖医療人生において、大変お世話になった師匠が二人います。一人目は、男性・女性両方の不妊症を治療することができる数少ない生殖専門医として有名であった吉田先生です。
非常勤医師の立場にも関わらず、不妊症の基礎から男性不妊症の手術まで幅広く教えていただきました。診療における話し方、採卵、胚移植にかける並々ならぬこだわりから、患者さま一人一人に真摯に向き合う姿勢を学ばせていただきました。この“吉田イズム”をつくば木場公園クリニックのスタッフ一同で踏襲していきたいと考えております。


二人目は、スタンフォード大学客員教授で当時聖マリアンナ医科大学に準教授として赴任された河村和弘先生(現国際医療福祉大学教授)です。早発卵巣機能不全に対する治療として開発された休眠卵子活性化(IVA)の臨床研究として、卵巣組織凍結、卵巣組織移植に執刀医として関わらせていただきました。
世界初の妊娠・出産の報告はNew York Times誌の2013年度Medical breakthroughに選出され、研究により不可能を切り拓く力を体感させていただきました。海外に同行した多数の招請セミナーや手術執刀も非常に貴重な体験でした。


腹腔鏡下手術も専門にしておりますので、子宮筋腫、卵巣腫瘍などを合併されている方のご相談にものれますし、完全自然、低刺激周期で有名な施設での勤務経験もありますので、つくば木場公園クリニックでは患者さまにあわせた周期作りを心掛けていきたい所存です。
自然を有した広い敷地、通院する患者さんが癒される郊外型施設を開設するという理念の元、みなさまから深く信頼される施設になれるよう鋭意邁進していく所存です。

吉岡 伸人

略歴・職歴

  • 2005 聖マリアンナ医科大学卒業
  • 2008~2017 聖マリアンナ医科大学 産婦人科学講座
  • 2009~2013 木場公園クリニック非常勤医師
  • 2018 横浜総合病院内視鏡センター医長就任
  • 2018~2019 加藤レディースクリニック非常勤医師
  • 2019 つくば木場公園クリニック院長就任

資格・専門医

  • 2010 産婦人科学会専門医取得
  • 2012 聖マリアンナ医大大学院医学研究科博士課程修了
  • 2017 日本生殖医療専門医取得
    日本産婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医取得

看護師長の澤辺と申します。私は、産まれも育ちも茨城県です。15年前に胚培養士さんから受精卵や培養処置を見せて頂いた時に感動と衝撃を受けました。


徐々にその奥深さを学ぶと共に、自分の中で “最先端の生殖医療を学びたい”という気持ちがうまれ、当時から世界的に著名な施設であった大阪のIVF JAPAN GROUPの門戸をたたきました。


見るもの全てが先進的で、多職種が様々な視点からご夫婦の治療をサポートされている環境を目の当たりにしました。


IVF JAPAN GROUPでは12年間、生殖医療・生殖看護に携わり、2011年に生殖看護認定看護師を、2013年に生殖医学会認定の生殖コーディネーターを取得することができました。その後、認定看護師としてご夫婦・カップルのへの相談室や、妊娠に向けての身体つくりをテーマに定期的な茶話会の開催、生殖看護の教育プログラム構築、関西地区のがん妊孕性温存への勉強会の開催を担当してきました。


12年間の生殖看護経験の中で、つくばから大阪まで治療に来られている患者さんもおられました。その方から「是非、茨城に戻ってきてください」と言われた一言がずっと心に残り、生殖医療・生殖看護の発展に自分の経験を少しでも活かせればと思い、2018年に地元である茨城県に戻り、2019年6月よりつくば木場公園クリニックにて勤務する運びとなりました。


不妊治療は“ゴールの見えないマラソン”に例えられています。ご夫婦はどの治療をしていくか意思決定をし、一喜一憂しながらもそれを乗り越え、治療の選択をされておられます。生殖看護認定看護師として、ご夫婦の治療プロセスを一緒に考え、各々のゴールに近づけるよう、サポートしていきたいと考えています。吉田最高顧問、吉岡院長と共にPatient Firstを胸に皆さまと共に精一杯努力していきたいと思います。


看護師長 生殖看護認定看護師
 生殖医療コーディネーター

澤辺 麻衣子

職歴

  • 2003~2004 財団法人 筑波学園病院
  • 2004~2006 宗教法人 在日本南プレスビテリアンミッション淀川キリスト教病院
  • 2006~2018 IVF JAPAN GROUP 医療法人三慧会 IVF大阪クリニック
  • 2018~2019 独立行政法人 筑波大学附属病院
  • 2019年6月~ つくば木場公園クリニック

学会発表

  • 2008年11月 第64回 米国生殖医学会(ASRM) 口頭発表
    「Experience of 1000 falloposcopic tuboplasty (FT) cases: FT is a novel, patient friendly and effective regimen for tubal factor infertility before ART」
  • 2011年09月 第9回 日本生殖看護学会学術集会 口頭発表
    「不妊治療後妊婦のとらえ方 -転院後施設より-」
  • 2012年07月 第28回 日本受精着床学会総会・学術集会 口頭発表
    「初診当日にFTを希望される遠方患者への支援」
  • 2013年09月 第11回 日本生殖看護学会学術集会 口頭発表
    「不妊専門クリニックにおける不妊症看護認定看護師コンサルテーションの現状」
  • 2013年11月 第58回 日本生殖医学会学術講演会・総会 口頭発表
    「遠方より初診当日にFTを希望する患者への支援策」
  • 2015年09月 第13回 日本生殖看護学会学術集会 口頭発表
    「不妊治療専門クリニックでの看護教育への取り組み ~教育プログラムの見直しとクリニカルラダーの作成~」

ドクター紹介

最高顧問

吉田 淳(木場公園クリニック院長)

産婦人科専門医

生殖医療専門医

臨床遺伝専門医

院長

吉岡 伸人

産婦人科専門医

生殖医療専門医

日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医

受診予定の患者様へ

「なぜ建物が6ヶ月後の11月下旬に完成するのに、ビル診療を始めるのですか?」
「半年間だけのビル診療はもったいなくないですか?」とよく質問されます。

体外受精や顕微授精を行なっている患者様の平均年齢は約40歳です。
40歳の女性にとって半年間は、大変重いものです。
不妊症の治療は、即実行、ASAP (as soon as possible)で。
形態的に綺麗な胚盤胞でも、年齢とともに染色体異常の発生頻度が上がると報告されています。35歳以降では、1ヶ月あたり0.5%ずつ染色体異常の発生頻度が高くなります。
また男性では、点突然変異が1年あたり3個ずつ蓄積され、16年間で倍になります。

これらのデータからも、是非、不妊症の治療はスピード感を持って進めてください。
でも、精神的にきついときは、立ち止まって見つめなおしてください。
点突然変異とは、遺伝物質のDNAまたはRNAの一塩基が他の一塩基に置き換わることで、DNAやRNAのA、T、C、Gのうち一つが別の塩基に置き換わる突然変異のことです。

最高顧問 吉田 淳

予約について

当院ではより便利にご利用頂けますよう、
予約・受付システムを導入いたしました。

インターネット予約はこちら

スムーズな診察のため、初診予約後、
下記のウェブ問診票にご記入をお願い致します。

女性初診時問診票 男性初診時問診票

受付・診療時間

時間/曜日
午前 9:00~12:00 採血結果待ち9:00~11:30 吉岡 吉岡 吉岡 吉岡 吉岡 吉岡 吉岡
午後1 14:00~16:00採血結果待ち14:00~15:30 - 吉岡 - 吉岡 - 吉岡 -
午後2 15:00~18:00採血結果待ち15:00~17:30

吉岡

吉田

-

吉岡

吉田

-

吉岡

吉田

- -
時間曜日 午前
9:00~12:00 採血結果待ち9:00~11:30
午後1
14:00~16:00採血結果待ち14:00~15:30
午後2
15:00~18:00採血結果待ち15:00~17:30
吉岡 -

吉岡

吉田

吉岡 吉岡 -
吉岡 -

吉岡

吉田

吉岡 吉岡 -
吉岡 -

吉岡

吉田

吉岡 吉岡 -
吉岡 - -

※開院当初につき、月・水・金の午前の診療開始は遅くなります。また、木曜日は注射のみとなります。

※吉田医師の診察は、月・水・金の午後です。
(学会等で変更の場合があります)

顧問 吉田 淳 10月の診察スケジュールは下記の通り変更致します。

10月11日(金)は、アメリカ不妊学会参加のため、午前の部のみ診察致します。午後の部はございません。

10月14日(月)、10月16日(水)、10月18日(金)は、アメリカ不妊学会参加のため、吉田診察はございません。

10月25日(金)は、沖縄で不妊症に関する超音波検査の講演のため、吉田診察はございません。

顧問 吉田 淳 11月の診察スケジュールは下記の通り変更致します。

11月4日(月)は、吉田診察のみございません。(クリニックとしては祭日の時間帯で診察しています)

11月6日(水)は、日本生殖医学会参加のため、午前の部のみ診察致します。午後の部はございません。 (クリニックとしては通常通りです)

11月8日(金)は、日本生殖医学会参加のため、吉田診察はございません。 (クリニックの午前診察もございません、午後の部は、クリニックとしては通常通りです)

11月20日(水)は、研究会参加のため、午前の部のみ診察致します。午後の部はございません。 (クリニックとしては通常通りです)

クリニックとしては、11月8日金曜日の午前の部は日本生殖医学会の生殖医療従事者講習会のためすべて休診。
午後の部は、吉田診察はないが通常通り。

インターネット予約はこちら

アクセス

茨城県つくば市研究学園5-5-1
Liebe研究学園501

029-886-4124

029-886-4112

6月10日(月)午後の部から初診診察開始致します。

インターネット予約はこちら

11月下旬に下記へ移転

茨城県つくば市松野木101-6

移転予定の11月下旬までは、採卵と胚移植のみ東京都江東区木場クリニックで実施いたします

木場公園クリニックHPはこちら